費用 Retainer Fee

A 弁護士報酬の種類

1.法律相談料

ご依頼者様に対して行う法律相談(口頭による鑑定のほか、電話・電子メール・ファックスその他書面による相談に対する簡易な回答を含む)の対価をいいます。

2.書面による鑑定料

ご依頼者様に対して行う書面による法律上の判断または意見の表明の対価をいいます。

3.着手金

事件又は法律事務(以下、「事件等」という)の性質上、委任事務処理の結果に成功不成功があるものについて、その結果のいかんにかかわらず、受任時に受けるべき委任事務処理の対価をいいます。

4.報酬金

事件等の性質上、委任事務処理の結果に成功不成功があるものについて、その成功の程度に応じて受ける委任事務処理の対価をいいます。

5.手数料

原則として1回程度の手続きまたは委任事務処理で終了する事件等についての委任事務処理の対価をいいます。

6.時間制(タイムチャージ)による報酬

ご依頼者様との協議により、1時間あたりの適正妥当な委任事務処理単価にその処理に要した時間(移動に要する時間を含みます)を乗じた額を、弁護士報酬として受けることができる委任事務処理の対価をいいます。

7.顧問料

契約によって継続的に行う一定の法律事務の対価をいいます。

8.日当

弁護士が、委任事務処理のために事務所所在地を離れ、移動によってその事件等のために時間を費やすこと(委任事務処理自体による拘束を除く)の対価をいいます。

9.着手前調査費用

弁護士が、受任前に法律関係や・事実関係につき、事前処理を行なったが、受任に至らなかった場合の対価をいいます。

10.その他の報酬

上記のいずれの項目にも該当しない報酬のことをいいます。

※注意事項

上記弁護士報酬とは別途、例えば、裁判所に提出する収入印紙代、郵便切手代、あるいは、裁判資料の謄写料,移動に要する交通費や郵便代等の通信費、宿泊料、保証金、供託金、その他委任事務処理に要する「実費」等について、ご負担いただく場合があります。